スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 「もんじゅ」運転再開反対現地ツアーにハチドリの会も参加

15年前、ナトリウム漏れ事故を起こし、長期停止させていた特殊原子炉「もんじゅ」が、今年の2~3月に運転再開されようとしています。

「もんじゅ」は08年~09年の間に、4度も運転再開を延期しています。

再開延期の理由はいろいろ有りますが、例えばナトリウム漏洩検知機の損傷がわかったのは、「誤警報」の発生からでした。15年前の事故を考えれば、一番、丁寧に調査、点検すべき筈の機器の点検をやっていなかったことになります。

排気ダクトの損傷の発覚も同様です。

原子力機構(旧・動燃)には、はたして、こういう難しい原子炉を扱う技術や能力、組織体制があるのでしょうか。

資格があるのでしょうか、事実、無いでしょうと疑われることばかりです。

そうしたなか、2月6日(土)~7日(日)両日、「もんじゅ」運転再開反対現地ツアーが、『核開発に反対する会』、『廃原発ネットワーク(たんぽぽ舎内)』および茨城や浜岡の市民団体で行われています。

ハチドリの会も参加し、現地報告をUPしますのでどうぞ
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

もんじゅについて

衝突を一般的に考える過程で高速増殖炉「もんじゅ」が永久機関であることを証明しました。
このことは、書籍になっておりまして「衝突の一般論」というタイトルで出版されておりますが、その内容はホームページでもご覧いただけます。
プロフィール

市民講座ハチドリの会

Author:市民講座ハチドリの会
市民講座ハチドリの会へようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。