スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『問い続けよう!JCO臨界事故』 東海村臨界事故より10年

 9月19日(土)東海文化センターで『問い続けよう!JCO臨界事故』と題し、東海村臨界事故10周年集会がありました。台風が接近し風の強まるあいにくの天気でしたが、全国から約400名もの人たちが集まりました。会場には、臨界を直接招いたとされている「バケツ」の模型の展示も。
09091303.jpg

09091303.jpg

 4人のパネラーによるシンポジウムでは、

 NHK放送文化研究所の七沢潔さんは、「グローバルな競争時代の経済効率第一主義が安全を切り崩してきた」。JCO事故は、自動車メーカーによる欠陥隠しや相次ぐ食品偽装など「安全崩壊」の走りだったと述べました。

 東海村議の相沢一正さんは、JCO事故後「JCOは近隣住民に示談交渉をするには、被害者の会を辞めなさい。辞めた証明書をJCOに出しなさい」と圧力をかけていた。結局被害者の会は、結局大泉さん夫妻の2人だけとなり、裁判も原告は2人だけとなりました。相沢さんは「JCOは裁判に多数に原告があってはまずいと考えたのだろうが、やり方は卑劣だ」

 JCO臨界事故健康被害裁判原告の大泉昭一さんは、裁判でのJCO側の心無い対応を怒りを込めて告発し、地裁・高裁の不当判決に負けずに最高裁に上告した事を表明、一層の支援を訴えました。

 原子力資料情報室の伴英幸さんは、JCO事故後、軽水炉(BWR)用の燃料を国内でつくれなくなったこと。原発近くの断層を低く評価したり、定期検査の間隔を13カ月から24カ月に延ばすなど、安全余裕の切り詰めが進んだことを述べた。


 集会後、参加者全員で東海駅周辺約2キロのデモ行進が行われました。
09091303.jpg

スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

市民講座ハチドリの会

Author:市民講座ハチドリの会
市民講座ハチドリの会へようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。