スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月29日~30日 広瀬隆さん、茨城県内連続講演会 テーマは『プルサーマル』

5月29日~30日 広瀬隆さん、茨城県内連続講演会 テーマは『プルサーマル』

①筑西市 筑西市民会館中会議室 29日(土)13時半~ 筑西市下中山732-1 TEL0296-22-2981
  
②土浦市 土浦亀城プラザ 29日(土)18時半~ 土浦市中央2-16-4 TEL029-824-3121

③東海村 東海村石神コミュニティーセンター 30日(日)13時~ 那珂郡東海村石神内宿1609 TEL029-283-2868

  全て資料代500円 

ちなみに広瀬さん、東海村は初来村だそうで講演会の準備チカラ入ってます。期待出来ます。
スポンサーサイト

東海村からもんじゅへ、4回目のプルトニウム輸送

4月20日、東海村の原子力機構(旧動燃)から福井県敦賀市のもんじゅへ、第4回目のプルトニウム輸送が行われました。

5月上旬にも再稼働が予想されるもんじゅ。約2ヵ月の試験運転後、いったん燃料棒を抜き取り点検するらしいが、その時の交換用と思われます。

以下 現地に駆けつけたハチドリのメンバーからの報告です。

21:51プルトニウムを積んだトレーラーが原子力機構を出る。
周囲は厳戒体制、見渡したところ、制服警官約30名私服警官約20名。
日立物流のトレーラー三台、荷台には青いシート、放射性物質の表示は不明(後に小さく表示されている事が判明)。
先導車後送車パトカー含めて総勢約10台の隊列。
機構前の信号を操作して国道294側を赤にし、ひたちなかIC方面へ走り去った。

100420_215118.jpg
写真は原子力機構を出るプルトニウムを積んだトレーラー。カメラを向けるのもままならない


東京で待機している仲間に連絡をとる。彼らは常磐道守谷PAからプルトニウム輸送を追いかける予定だ。
その後、このプルトニウム輸送追っかけ隊から連絡がはいる。今回は前三回とは違い外環から関越道に入ったとの事。「都心をプルトニウムが走る」という批判をかわす為か知らないが、人口密集地帯を通る事に変わりない。

ムダ、ムリ、無謀なもんじゅ再開反対!現地集会

4月18日、ハチドリの会も、もんじゅ再開に反対する現地での集会に参加してきました。

100418_131828.jpg
もんじゅの見える敦賀市白木浜です

100418_130650.jpg
約500人の人が集まりました

もんじゅです
100418_123421.jpg
白砂青松の浜に無粋な建物が・・・。

100418_130019.jpg
集会前に風船を飛ばす様子です。

100418_130038.jpg
風向き調査も兼ねていますが、過去の調査では、千葉県成田市まで飛んだ風船もあった、との事。

もんじゅ正門前です。
100418_142935.jpg
市民からの申し入れには、相変わらずの警備です。

2011年2月26日、27日の第2回六ラプ東日本サミットが開催されます

**転送元のメール**
☆☆六ラプ市民サミットメルマガ vol.4☆☆

いよいよ、第2回六ラプサミットに向けて動き出します
4月に入り、何かと忙しくなりますが、みなさまよろしくお願いします

第2回サミット自体は、2011年2月26日27日の開催予定です

(以下転送歓迎)
★☆第2回六ラプ東日本市民サミットへ向けての実行委員会vol.1「エネルギー大会
議!」★☆

日時:2010年4月29日(木・祝)12時30分(~16時30分くらい)
場所:エルパーク仙台 創作アトリエ
(三越仙台店5F 仙台市青葉区一番町4丁目11番1号)
   地下鉄勾当台公園駅下車
呼びかけ:6ラプ東日本サミット世話人会
     連絡先 舘脇(たてわき)
hag07314@nifty.ne.jp  090-8819-9920(夜20時以降)
(参加できる方は、できれば事前にご連絡ください 個人でも団体でもOKです)

会議内容:
・2011年2月26日、27日の第2回六ラプ東日本サミットへ向けた実行委員会のたちあげ
・自然エネルギー(持続可能エネルギー)の各部門学習発表

<呼びかけ文>
原子力に頼らないエネルギー社会を実現するために、持続可能なエネルギーを模
索しできることから実践していく。それは「STOP再処理」という道を進むための
もう片方の車輪であり、これからの世界の在り方を考える上でも重要な要素で
しょう。

私たちは3月13日に八戸市で開催した「竹村英明講演会+シンポジウム/原子力
に頼らないエネルギーを考える」を成功裏に終え、「第2回六ラプ東日本市民サ
ミット」を2011年2月に開催することを決定しました。テーマはもちろん
「持続可能なエネルギー」です。

日本のエネルギー政策は、未だに原発を推し進める前時代的で独裁的なもので
す。このまま進めば、日本は持続可能なエネルギーを進めていくための優秀な技
術を持ちながら世界からどんどん引き離されてしまいます。

私たちはもちろん「STOP再処理」もさらに大きな動きとして継続していきますが、
このSTOPやNOに対するGOやYESのファクターとして「持続可能なエネルギー・
プロジェクト」も同時進行させていきたいと考えています。そのためのステップと
して「六ラプ東日本市民サミット・エネルギー会議(仮)vol.1」を仙台で開きます。

この日には会議の前に、3月13日に主催者が11人で分担して発表した風力、
太陽光、電池、などの各テーマについて、さらにバージョンアップして再発表しま
す。

この国のエネルギーのことを考えたいという方。「STOP再処理」の運動には関わ
れないけど「自然エネルギー」なら参加できるという方。そしてもちろん「再処
理止めたい!原発止めたい!」という方も、まずは生の声で語り合うことから始
めましょう。1人1人のハートが新しい社会を作る力となるような、1人1人の
言葉が新しい社会の礎となるような、そんなエネルギー会議に是非ご参加ください。
プロフィール

市民講座ハチドリの会

Author:市民講座ハチドリの会
市民講座ハチドリの会へようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。