スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「もんじゅ」運転再開反対現地ツアー 現地報告2

100207_115956.jpg
本日は福井に移動して署名をお願いしています。

これからもんじゅへ行って来ます。
スポンサーサイト

 「もんじゅ」運転再開反対現地ツアー 現地報告1

ただいま(2月6日)、新幹線ひかりにて名古屋へ移動中。名古屋の先、米原(まいばる)で特急に乗換え敦賀へ向かう。雪の為に浜松から先が減速運転、その影響で約30分の遅れ。

今回、東京、静岡、茨城(俺とAさん)から計4団体が参加。槌田敦さんも来る。
現地は吹雪だそうで…。

100206_112446.jpg
名古屋駅。雪、チラついてます・・・。


……
(6日午後1時頃、米原に到着)
米原は既に吹雪いている。そして雪の為全てのダイヤが乱れ、敦賀行きの特急が大混雑。まさに立錐の余地無し。まるで平日朝の山手線新宿‐池袋間状態。
まさかこんなトコロでこんなコトになるとは。

 「もんじゅ」運転再開反対現地ツアーにハチドリの会も参加

15年前、ナトリウム漏れ事故を起こし、長期停止させていた特殊原子炉「もんじゅ」が、今年の2~3月に運転再開されようとしています。

「もんじゅ」は08年~09年の間に、4度も運転再開を延期しています。

再開延期の理由はいろいろ有りますが、例えばナトリウム漏洩検知機の損傷がわかったのは、「誤警報」の発生からでした。15年前の事故を考えれば、一番、丁寧に調査、点検すべき筈の機器の点検をやっていなかったことになります。

排気ダクトの損傷の発覚も同様です。

原子力機構(旧・動燃)には、はたして、こういう難しい原子炉を扱う技術や能力、組織体制があるのでしょうか。

資格があるのでしょうか、事実、無いでしょうと疑われることばかりです。

そうしたなか、2月6日(土)~7日(日)両日、「もんじゅ」運転再開反対現地ツアーが、『核開発に反対する会』、『廃原発ネットワーク(たんぽぽ舎内)』および茨城や浜岡の市民団体で行われています。

ハチドリの会も参加し、現地報告をUPしますのでどうぞ
プロフィール

市民講座ハチドリの会

Author:市民講座ハチドリの会
市民講座ハチドリの会へようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。