スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

六ラプ市民サミット・ネットワークでシンボルマーク大募集

 六ラプ市民サミット・みんなでできるキャンペーンで「空に海に放射能を捨てないで!シンボルマーク大募集」があります。

 茨城のハチドリの会でも、応援の気持ちを込めて紹介したいと思います。

symbolfront.jpg

 シンボルマークって、うんうん悩んで描いたものより、案外さらっと描いた物がよかったりするんですよね。
スポンサーサイト

署名へのご協力お願いします

 六ヶ所核燃料再処理工場の稼働予定をとめようという署名(pdf)が、2009年12月に提出予定で行われています。

 集約をしているのは、「三陸の海を放射能からまもる岩手の会」など3つの団体です。

 ハチドリの会でもこの夏には地元で取り組もうと考えています。
 署名はこちら(pdf)です。

 署名用紙を読むと、すでに再処理工場には240立米の高レベル放射性廃液がたまっていて、09年1月には建屋内に150リットルも漏れる事故が起きているとの事です。
 
 署名用紙には書いてありませんが、放射性廃液のガラス固化が上手くいかないことが原因です。専門家からは、いい加減ガラス固化に固執するのをやめ、液体から粉末にした方がよいのではないかという意見も出ているようです。

 その事の是非はともかく、今のまま再処理工場を稼働するのはかなり危険なことではないでしょうか

『六ヶ所村ラプソディー』 東海村で上映しました(下)

当日の上映会では、講演会も行われました。

 原子力資料情報室の澤井正子さんは「六ヶ所の再処理施設はガラス固化処理が上手くいかず運転できない。そしてそのガラス固化の技術はここ東海村の旧動燃の技術」「(ガラス固化処理は)東海村でも上手くいかなかった、六ヶ所でも上手く行くはずがない」と。

 ご存じの方も多いと思いますが、高レベル廃液のガラス固化はまったく上手くいっていません。(参考:ガラス固化技術に致命的欠陥再処理にストップを!・PDFファイル:美浜の会
すでに六ヶ所には200立方メートル以上もたまっているとのことです。

 東海村村議会議員の相沢一正さんは、この5月に東京高裁ででたJCO臨界事故の健康被害裁判について触れ、「明らかにJCOの不法な行為で、たくさんの人が被曝した。被害・加害はっきりしている。裁判では本当のことをやっていない感じがする。非常に悔しい」と述べました。

 ニュースでも報道されていますが、JCO臨界事故の健康被害裁判の原告大泉夫妻は、最高裁への上告を決めています。今回の上映会にも夫妻とも会場に足を運んでくれました。

 茨城大学人文学部教授の河野直践さんは「原発は農村・漁村に作られてきた。地域経済は混乱し、観光客は減る。農作物の価格は低迷し、影響は長期に渡る。…統計的にも原子力の出来た地域の農業は顕著に落ち込んでいるのが現実。21世紀は命の世紀、原発のもたらした物を振り返る必要がある」と述べました。
プロフィール

市民講座ハチドリの会

Author:市民講座ハチドリの会
市民講座ハチドリの会へようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。