スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

団藤保晴氏のブログ「インターネットで読み解く!」からの学習会

 「団藤保晴氏のブログ「インターネットで読み解く!」で、第162回「青森の再処理工場は未完成に終わる運命」という記事がありました。2008年7月21日と、今から1カ月前の記事ですが、内容は高レベル廃液をガラス固化するところで、暗礁にのりあげてしまったというものです。

 (同上の団藤氏ブログより)「…今回の記事の核心は…廃液とガラスを混合、溶融してノズルからステンレスの容器に落としていくのですが、そのノズルが簡単に詰まってしまうのです。この部分は原研東海の実験炉で実績があると聞かされていました。…」

 この後続くのは、青森県六ヶ所では安くあげるため、濃縮装置を省きガラスも安くし、しかし溶融炉の規模は5倍に大きくと、ほとんど新規開発に近かったという内容です。

 結果、詰まってしまった。なんとも、あまりにおそまつ…。

 ハチドリの会ではこの記事を取り上げた学習会を予定しています。

 日時 9月14日(日) 午後1時から
 場所 交流サルーン(水戸市三の丸1-5-38 茨城県三の丸庁舎2階)
スポンサーサイト

JCOはまだ終わっていない

9月28日、茨城県東海村石神コミュニティセンターでのJCO臨界事故を考える集会があります。
13時開場13時半開演。

講演では、原子力情報室の西尾漠さんが温暖化の切り札は原発だは嘘だという内容で話します。

3時半頃から村内をデモ行進予定です。

温暖化の切り札が原発と思っている方も、ぜひどうぞ。

今年も東海村菜の花しぼりできました

今年も東海村菜の花しぼりできました。

東海村菜の花しぼり

以下は、『東海村菜の花しぼり』を作っているNPO東海村菜の花エコプランからの紹介文です

「原料のナタネは、国産、それも地元東海村産です。
無農薬・有機栽培で収穫しました。

東海村菜の花しぼり

「品種はきらりぼし。体に良くない脂肪酸、エルシン酸を含まず、家畜の飼料となる油粕に有害なグルコシノレートが少ない品種です。体にいいオレイン酸が多く含まれています。

「搾取方法は、化学薬品を一切使わず、昔のように圧力をかけるだけで搾ります。ビタミンEやカロチンを豊富に含み、風味豊かな地油です。

「この油で揚げた天ぷらは、ちょっと濃いめのキツネ色、こんがりカラッとしていて、コクがあって旨いです。
泡が小さく、油が飛び跳ねにくいし、ビタミンEの働きで酸化しにくく、たくさん揚げても油が負けません。
ピラフを作るのに使うと、冷めてからもベタつきません」

天ぷらは確かに濃い色の揚げ上がり。個人差はあるかもしれませんが、食べてみると確かに旨い。残念ながら、この『東海村菜の花しぼり』、原則村内での販売のみの扱いです。

『高尾山にトンネルを掘らせない』

 先月末、ハチドリの会からも抗議に行きました。

080729-1.jpg
去年まで集会が行われていた、元・梅林ですが、すでに鉄骨が建てられはじめています。

080729-4.jpg
 集会の様子です。
左から、集会実行委員長:橋本良仁さん
よみがえれ!有明海訴訟弁護団:後藤富和さん
高尾山天狗裁判原告団副団長:米田徳治さん
公共工事チェック議員の会事務局長:保坂展人さん
広告メディアクリエイティブ「サステナ」代表:マエキタミヤコさん です

080729-3.jpg
・天狗の神輿、担がせてもらいました。けっこう重い!

080729-5.jpg
・わかりづらいと思いますが、建物の中から手を振っている人がいるんです。
プロフィール

市民講座ハチドリの会

Author:市民講座ハチドリの会
市民講座ハチドリの会へようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
07 | 2008/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。